専門学校と大学の違い

最近では、看護師を目指す方も看護の大学受験をする方が増えてきています。「わざわざ、大学に行く必要はないのでは?」と思われる方もいるでしょう。看護師を目指すとなれば、専門学校に通うことが一般的でしたから、まだそのイメージが強く残っている方も多いでしょう。
では、どういったメリットを感じて、大学進学を考えている方が増えてきているのか、ご紹介しましょう。まず、専門学校とは違い、大学進学の場合には、卒業後に看護師国家資格受験資格を得ることが出来ます。ということは、専門学校同様に看護師としての道を開くことが出来るということ。更に、4年制の大学へ進学した場合には、看護師だけではなく、保健師や助産師などの国家試験受験資格も得ることが出来るため、「助産師を目指したい」と考えている方にとっては、可能性を広げることが出来ます。大学であれば、専門的な知識も学ぶことが出来ますから、より多くの知識を得ることが出来るでしょう。資格取得後には、大学の附属病院であれば就職なども行いやすくなります。就職先の幅を広げたいと考えている方にとっては、これは大きなメリットといえるでしょう。大学での国家資格受験合格率は高いですから、これらをメリットと考えている方も多いと思います。大学によっては、養護教論の資格も取得することが出来ますから、様々な道を開くことが出来るでしょう。
このように、大学進学する際には様々なメリットがあります。将来の可能性を広げるためには、大学進学というのはとても魅力的に感じるでしょう。「どういった看護をしたいのか決めていない」「幅広い看護を経験していきたい」と考えている方にとっても、大学での授業は得る物が大きいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です