学歴の男女平等化

毎年、ウチの会社では新人を複数人採用しています。新人教育担当の私としましては、今年の面子はちゃんと言うことを聞いてくれるだろうか、などと実は存外戦々恐々としております。というのも、ウチの会社がとる新人というの、それこそ高卒から転職まで非常に多岐に渡るんですね。その辺は事前に履歴書などである程度把握しておくんですけど、それを見ていて思ったことがありまして。当然ながら、新人の中には女性もいるのですが、年々最終学歴が大卒の女性が増えてきているように思えます。個人的に思うのですけど、その手の学歴というのはどの職業に就きたいかによって変わってくるものなのかな、と。男性ですと割りと当たり前のように思えますけど、女性となるとちょっと話は変わってくるかと思います。今でも女性にそこまでの学歴は必要ない、と思っている上の年代の人たちというのは存在します。しかし女性の大学進学率は年々上がってきていますし、となると当然、大卒という学歴を必要とする企業、あるいは職業も増えている、という風に認識した方がいいのかもしれません。良くも悪くも、男女平等というのが言葉の上だけでなく、本格的に浸透化してきている、ということなんでしょうね。働く女性が増えていくことで、女性が住みやすい社会をつくろうとする取り組みに拍車がかかっていくことが予想されます。男女が力を合わせて、日本はどんどん豊かな国に成長していけばいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です